Top

魅力あふれる猫達の世界
by photographer_anyo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
画像について

探しています!
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
夏の思い出
不思議なもので10月の声を聞くと何だか急に秋が深まったような気がする

なんで?と考えてみれば学生さん達の制服が一斉に夏服から冬服にかわり

電車の中や街の中が暖かい暖色系の洋服達に覆われるからか?

はたまた肌寒いと感じる夜の風に乗り漂ってくる甘い金木犀の香りのせいか?

過ぎてしまった夏に少しだけ思いを馳せてみたりしようと思います



今年の夏の思い出と言えば近所で行われる恒例の花火大会でのこと

以前は河原まで行き見ていたのだけれど最近は出向くのがちょぅと面倒で

家からほんの5分程の場所の高台からもっぱら鑑賞しています

でもこれはこれでのんびりと鑑賞出来るしマンションの屋上から見ている人達の

「たまや〜」なんてかけ声もなかなか風流で個人的にはあり!と思ってます

でも電柱やら電線があり花火の撮影には少しだけ不向きな場所なんです

そんな訳でカメラとかは持参せずにもっぱら鑑賞に専念しているのですが

そろそろ花火もクライマックスを迎える時間になった時のことかなぁ〜

夜空には無数の花火が次々と打ち上がりそれはもの凄く綺麗でうっとりしている時に

目の前の電線の上をてくてくと歩きそして背中を伸ばすポーズをする猫さんの姿

色とりどりの花火達を背景に浮かび上がる猫さんのシルエットはなんとも幻想的で

きっと写真をやっていない人でもあの光景は写真に収めたくなるんじゃないかな〜と、、、

まぁ〜勿論、上記にも書いた通りカメラは持参してませんので心のシャッターでパシャ!



きっと2度とこういうシーンに偶然に出会う事はないと思うのだけれど

いやいや本音を言えば写心が動ごき撮りたかったのは勿論なんですけど!

そう言うシーンに出会えた事は嬉しかったかな〜と、、、まぁ〜夏の思い出です

c0150334_23311139.jpg

c0150334_23312580.jpg

c0150334_23314715.jpg

c0150334_23315810.jpg

[PR]
Top▲ | by photographer_anyo | 2013-10-06 22:41 | 遠くの猫さん | Comments(0)
<< 台風が過ぎた翌日 | ページトップ | 青空いっぱい^^ >>